Home > 事業協会とは

事業協会とは

沿革

本法人は、昭和 51年 8月に社会福祉法人苫小牧市福祉事業協会として認可され、市内で 5カ所の保育園の運営を開始、その後、平成 24年 4月には市からあけの保育園の譲渡を受け、現在、6カ所の保育園を運営しています。

協会訓と統一保育理念等

本法人は、協会訓を「愛とまこと」、統一保育理念を「ひとりひとりの子どもの生命と人権を真の愛をもって守り、地域に愛される保育園を目指す」、統一保育目標を「豊かな心の子どもをめざして、明るく楽しい元気なからだ」と定め、保護者や地域の皆様から信頼される保育の実践を目指します。

地域における公益的な取組

本法人では、地域における公益的な取組として、次の取組みを行っています。

1 未就園児の保護者に対する子育て相談、子育て講座

保育園の主任保育士が直接お話をお伺いしますので、相談等を希望される方は、お近くの保育園にご連絡下さい。

2 保育士養成校等からの実習生の受入

看護学校及び保育士養成校等からの実習生の受入に積極的に取り組んでいます。

3 保育ボランティアの育成

「苫小牧市福祉事業協会保育ボランティア受入要綱」に基づき、保育ボランティアの育成に取り組んでいます。

じぎょちゃん

「うちには"ゆるキャラ"いないの?」という、事務局長のひと言から生まれた事業協会のゆるキャラ「じぎょちゃん」です。

事業協会の本部事務局の壁面には、じぎょちゃんがたくさん泳いでいたり、本部事務局に遊びに来るすえひろ保育園の子どもたちにじぎょちゃんシールを配ったりと、みんなから愛される事業協会のゆるキャラです!

事業協会が経営する保育園